読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人でPSW(精神保健福祉士)とキャリコン勉強中のひと

社会人歴、はや20年近く。第15回キャリアコンサルティング2級技能士、第18回精神保健福祉士を同時に受けた時の記録とか、社会人入学から4年かけて卒業した大学院の話題とか。

PSWという資格について:なぜPSWを目指すのか(PSWとは?)

PSW精神保健福祉士)は、社会福祉士介護福祉士に並ぶソーシャルワーカー国家資格の一つです。

精神保健福祉士は、精神科ソーシャルワーカー(PSW:Psychiatric Social Worker)という名称で1950年代より精神科医療機関を中心に医療チームの一員として導入された歴史のある専門職です。社会福祉学を学問的基盤として、精神障害者の抱える生活問題や社会問題の解決のための援助や、社会参加に向けての支援活動を通して、その人らしいライフスタイルの獲得を目標としています。さらに、高ストレス社会といわれる現代にあって、広く国民の精神保健保持に資するために、医療、保健、そして福祉にまたがる領域で活躍する精神保健福祉士の役割はますます重要になってきています。」

http://www.japsw.or.jp/psw/ 日本精神保健福祉士協会サイトより

もっと詳しく理解するためにはPSWの誕生背景や歴史を紐解く必要がありますが、ひとまず、ざっくりと言えばこんな感じです。医療、就労・生活支援や司法の場、企業等で活かしたいと考えて取得する方が多いのでは、と思います。