読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人でPSW(精神保健福祉士)とキャリコン勉強中のひと

社会人歴、はや20年近く。第15回キャリアコンサルティング2級技能士、第18回精神保健福祉士を同時に受けた時の記録とか、社会人入学から4年かけて卒業した大学院の話題とか。

卒業礼拝

修士論文無事合格し、3月に大学院生活を終えました。長かった・・・。 入学の年に東日本大震災があったので、入学式は中止でした。だからせめてと思い、3月某日、卒業記念礼拝に出てきました。新約聖書からコリントの手紙が読まれ、学長からのメッセージが…

「社会人が研究計画書でやりがちな勘違い」

大学院に社会人入学して、かなり最初のころ、まだ研究計画書を練っているような段階の授業で、教授に言われたことを思い出します。 「よくありがちな研究計画書の勘違い、”私はこの研究を通して、新しい理論を生み出したい”」 「あるいは、もっとすごいのが”…

修士論文 最終試験が終わりました② (試験の質疑応答)

口述試験の主な質問(おおざっぱに) ①教授「はじめに、ご自分が一番おっしゃりたいことは何か、この研究を通してなぜそれが言えるようになったのか、ということを中心に3分ぐらいで話してください」 ②准教授「○ページ目のこの概念について、詳細をもう少し…

修士論文 最終試験が終わりました① (大学院で得たもの)

今日、というかさっき、修士論文の最終口述試験が終わりました。 今日は大学が折しも入試日で入構制限があり、いつも賑やかな学食はガラガラ。ガラガラすぎて逆に落ち着かないので、大学の前の大通りを見下ろすカフェでコーヒーを飲みつつ試験の余韻に浸って…

越境する人々(ワークショップ研究が盛んになる理由)

昨日、修士論文を提出した後は、死んだように眠り土曜日の朝を迎えてました。寝すぎて体のあちこちが痛い(笑)。 合否は不明ですが、いずれにしても4年間の在学年限を使い切ったので、間もなく私の修士学生生活は終わりです。ほとんど手つかずの期間が2年…

修士論文提出秒読み

修士論文がいよいよ仕上げに入った。1月は残業を避け、できるだけの時間を執筆に当てている。今までは自宅で執筆していたけど、院の研究室を使うようにしたら、作業効率が3倍近く上がることに気付いた。今まで使わずに損していたなあ・・・。研究室は静か…

「修士論文はここを見ますよ。」

今日は都心から一時間以上の郊外のキャンパスまで出かけて、指導の先生(コース主任教授)と二人の先生から論文指導を受けてきました。もういい加減に卒業してください空気みなぎる教授室。学部生並みの丁寧な指導。絶賛修正中です。提出最終期限まで1か月…

M-GTA(修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ)が理解できなかった理由

もう3年以上前になるが、東大の本郷キャンパスで行われたM-GTAのフォーラムに、院のゼミ仲間数名と参加した。M-GTAの生みの親である立教大学の木下康仁先生ご本人が直接主催されていたものと記憶する。サラリーマン(女だけど)院生で、質的研究について知…

50歳までに博士号を取りたい

50歳までに博士号を取るという、ゆるゆるとした目標を立ててみる2015年の元旦。20歳で出産し、22歳で外資系の企業に拾ってもらい正社員として働きながら、準学士(短大卒業)を得たのが24歳のときである。編入して学士(四年制大学卒業)を得たのがが30歳だ…

なんか論文仕上げることになった

PSWとは無関係の方なんだけど、もうとっくに終わっていたと思った論文の書き直しが必要になった。これ出さないと修士もらえません。 指導教員はOKだったんだけど、判定してくれる3人のうちの一人いわく、「データのまとめ方が雑。」「調査は質的なのに、ま…

グラウンデッド・セオリー・アプローチ

主に社会調査の、質的調査でよく使われる手法です。略してGTA。これを修正したものにM-GTAというのもあります。(MはModified)。院の論文で(PSWとは無関係の社会学系の研究です)自分も使っていますが、精神保健福祉士の試験分野でもこの用語に再会して、…